コーヒー画像

インスタントでも美味しい珈琲

自宅でちょっと一息つきたい時、気が付くと珈琲を淹れています。
我が家では以前はペーパードリップやネルドリップの他、エスプレッソマシーンを使っていましたが、最近はもっぱらインスタントで済ませています。
ドリップ方式やエスプレッソマシーンで淹れるともちろん美味しいですし、良い豆を買った時などはその辺の下手な喫茶店よりも数段美味しいものが飲めます。
しかし仕事で忙しい日が続くと豆を買いに行くのが面倒になってしまったり、少し値段が気になってしまったりするので、いつからかインスタントに切り換えてしまいました。
何しろ私自身が一日に何杯もの珈琲を飲むものですから、あっという間に消費してしまうのと、濃い目の味を好むため一般的な水準より多く豆を使用するので、月々の豆代が案外掛かってしまっていたのです。
そういうわけでインスタントにしたのですが、使い始めた当初はやはりその味に疑問を感じずにはいられませんでしたし、確かにそれ程美味しくは感じなかった記憶があります。
以前の殆どは少し酸味が強い種類が多かったように思います。
私自身は苦みが強いもので酸味は殆ど無いものを好むため、ミルクや砂糖で味をごまかしながら飲んでいました。
そうして何年か経ったのですが、ある時ブラックで飲んだら案外美味しく飲めたのを機に、それからは何も足さずに飲む習慣になったのです。
もしかしたら、酸味が苦手な方が比較的多かったのでしょうか。
それと保存に耐える加工技術の改良などにより、酸化しないようになってきたのかもしれません。
最近改めてスーパーでいろいろな種類を比べることがあったのですが、どれもそれなりに味が安定していることに驚きました。
また価格から考えると一杯分の換算はかなりの安さであることは間違いありませんので、そのコストパフォーマンスたるや相当なものだと再度実感しました。
毎日飲むにはうってつけで家計の助けにはなります。
それと見逃せないのは飲む以外の利用法です。
私は時間があると時々お菓子を自分で作るのですが、少し味を珈琲テイストにしたい時に重宝します。
焼き菓子はもちろんの事、クレームブリュレなんかを作る時は生クリーム、牛乳などに溶かして使いますが、十分効果があります。
これは有名なパティスリーでもごく当たり前にやるルセットですので、ある意味では本格的な作り方でもあります。
最近の物の殆どは溶けやすく製造されているのもうれしいです。
その他カレーの隠し味なんて使い方もあるようですので、今度試してみようと思いますが、飲む以外にも有効活用できるのは確かですし、料理の中でも楽しめるのは有り難いことです。
もっと他にもアイデアを出して使ってみたいと思っているところです。

Copyright(c) 2013 眠気スッキリ.com All Rights Reserved.