コーヒー画像

ペットボトル入りの珈琲を好む理由

私は個人的に珈琲を余りたくさん飲む方ではないのですが、眠気覚ましや気分をシャキっとさせたい時など、必要に迫られてコンビニや自動販売機から購入し飲むことが多いです。
ただ、もともと量をたくさん飲む方ではないことから、缶コーヒーの分量も飲み切れないことがあり、また、その1缶の量も一日分の量としては少し足りません。
そこでお店ではボトル入りの商品を手に取ることになり、自動販売機でも見かければ必ずそちらを選びます。
分量が1日分相当としてちょうど良いというのも勿論ながら、さらに私にとって便利な点は、やはりその都度開閉が自由できるキャップが付いていることです。
そもそもボトル入りのものが市場に初めて出現したのは、缶入りに比べると、さほど昔のことでもなく、せいぜい10年前後のことだと思います。
今も缶入りに比べると需用が随分と低いのか、その種類は各代表的な飲料メーカーこぞって缶のその数え切れないほどの種類と比較すればずいぶん少ないように思えます。
私は外で珈琲を飲んだり買ったりする場合、いつも決まって無糖を選びます。
無糖の上で、ミルク入りか全くのブラックかはその日の気分や眠気の状況によって変わりますが、無糖が大前提として決まっているため、ボトル入りのものを選ぶ際にはだいたいいつも決まったものになって来ます。
また、ボトル入りのものは電車内や車に持ち込むのには缶に比べてこぼれる心配がなく安心できます。
さらに、温かいものになると、缶入りは購入直後に手に取ると、高温のあまり持ち続けるのが困難なこども多い反面、ペットボトルの場合は断熱性が高く、手にも安心です。
その上、缶入りに比べて長く保温されるようにも思います。
といった具合で、自分にとっては缶入りよりペットボトル入りが様々な面で重宝するため、常にそのタイプを購入したいとは思いながらも、コンビニや自動販売機で購入できるものは、今なお缶入りの方が種類が豊富で、とりわけ新製品が出て来る頻度も高く、併用で日々選んでいます。
一度に飲み切らずに持ち運ぶことを前提にした場合、遥かにボトル入りの方が、現代人の忙しい毎日には便利なことは間違いないと、これまで自分がコンビニや自動販売機から珈琲を購入する度に感じています。
今後も缶よりボトルを買う方が、お得感もあるので、できるだけ多く買うよう続けて行くと思います。
願わくば、今後どんどんペットボトル入りの種類も缶入りと同じように連動して増えて行って貰えれば、より缶入り以上に購入頻度が増えることは間違いないと思います。

Copyright(c) 2013 眠気スッキリ.com All Rights Reserved.